新着情報

 
第71回日本美術教育学会学術研究大会瀬戸内大会が開催日誌
パブリックスペース
09/22 10:35
速報 今日から第71回学術研究大会瀬戸内大会が始まります日誌
パブリックスペース
08/18 08:01
瀬戸内大会参加者のみなさまへ(参加者マニュアル)日誌
パブリックスペース
08/12 20:31
瀬戸内大会は締め切りました日誌
パブリックスペース
08/09 09:13
エクスカーションの追加募集を締め切ります日誌
パブリックスペース
08/06 11:59
最新情報 >> 記事詳細

2022/09/22

第71回日本美術教育学会学術研究大会瀬戸内大会が開催

固定リンク | by:事務局
8月18~19日香川県高松市にある香川大学に於きまして、
第71回日本美術教育学会学術研究大会瀬戸内大会が開催され
約150名の参加で成功裏に終わりました。

コロナ禍のもと、2年振りの対面での大会開催で、
残念ながら懇親会の開催は出来ませんでしたが、
2日間に亘り16名(組)の研究発表、
前高松市美術館館長の篠原資明氏の講演、
芸術士の方たちによるワークショップ、瀬戸内国際芸術祭が開催されている大島~男木島へのエクスカーションと
盛り沢山の内容で、感染対策もしっかりと施され、
無事に終えることが出来ました。

また今大会にて、第14回美術教育実践奨励賞(神林賞)を滋賀県北瀬田中学校の馬淵哲先生が授賞されました。

参加された皆様、本当に有難うございました。
来年は8月上旬に岐阜県中部学院大学にて第72回岐阜大会を開催予定です。



【参加者数】
大会参加申込数 158名
参加者数    145名(出席率 91.77%)

最終的な参加申込は158名でしたが、その内、出席者は145名でした。
欠席された方の中には、コロナ感染濃厚接触者であったり、8月上旬の豪雨の災害に遭われた方もいらして、昨今の状況を鑑みると致し方ないことだと思われます。その中で、出席率91%での対面式大会が開催されたことは、とてもよかったと思います。

【種別】
会員 99名
一般 18名
業者 16名(協賛会員)
学生 12名
大学美術教育学会会員1名、美術科教育学会会員2名の参加がありました。
 
【職種別内訳】
参加者の職種別内訳(数値は実数 パーセントではありません)
大学  53
こども園  2   
小学校 9
中学校   10   
高校    7
専門学校1   
支援学校3 
学生   16  
元教職  4
美術館   7
NPO   5
行政   4   
絵画教室2 
業者   16  
その他  3   
不明   3
 



参加者の居住地
愛知11   青森1   石川2   大阪21
岡山18   香川18   神奈川5   京都18
熊本1    埼玉1   滋賀8    静岡4
島根3     東京12     奈良3      兵庫12
広島4       福岡1     三重1      和歌山1






















10:35 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)